食べたいものとお店を決めておく

好みの沖縄そばを探そう

沖縄旅行で食べてみたい人気のグルメの一つである沖縄そばは、店や地域によってダシのスープやトッピングに違いがあります。沖縄そばのスープは鰹ベースのあっさりとしたものと、豚骨ベースのこってりとしたものが代表的です。沖縄そばは三枚肉とかまぼこ、ネギ、紅ショウガといった具材がのったものが一般的で、他にソーキそばという沖縄産の黒糖や泡盛に醤油を加えたもので味付けされた、いわゆる豚のスペアリブのようなものがトッピングされているものがあります。ソーキにも固い骨がついている本ソーキと、骨がトロトロになるまで煮込まれた軟骨ソーキがあります。
また、ふわふわと柔らかいゆし豆腐をのせたゆし豆腐そばや、豚足をじっくり煮込んだコラーゲンたっぷりのてびちそば、海藻のあおさがトッピングされるだけでなく、麺に練り込まれ磯の香りが風味豊かなあーさそばなどがあり、自分好みのそばを探すのも楽しみの一つです。

沖縄の食堂で定番の「味噌汁」

沖縄の食堂で食べることができる沖縄料理には、ゴーヤーちゃんぷるーや豆腐ちゃんぷるー、タコライスなどがありますが、人気メニューの一つに味噌汁があります。沖縄県以外では味噌汁は小さなお椀に入っているのが一般的ですが、沖縄ではどんぶりに入っておりメインのおかずとして出てきます。具材はお店によって少し違いますがポークランチョンミートや豆腐、わかめなどの他に、レタスやもやし、小松菜、玉ねぎ、人参など野菜もたっぷり入っていて、その上に生卵がのっておりかなりのボリュームです。この味噌汁とご飯のセットで定食として親しまれていて、飲んだ後のシメや二日酔いの時に食べる人もいます。家庭で親しまれている料理を手頃な値段で食べることができるので、沖縄の食堂を観光コースに組み込む人も多いです。