海や景色がきれい!

日本で一番きれいな海

きれいな海を堪能したいと思ったら沖縄の海はいかがでしょうか?沖縄は日本で一番西に位置し、一部を除き亜熱帯地域に属しています。亜熱帯地域の海では平均海水温が18℃から30℃と珊瑚が生息しやすい海水温となっているため沖縄の海には珊瑚が群生しています。特に沖縄本島近くの慶良間諸島、宮古島近辺の八重干瀬は有名です。八重干瀬は日本のグレートバリアリーフと謳われるほどの大きな珊瑚礁です。珊瑚は体の中に藻の一種を養いその藻が光合成をおこなっているため、珊瑚が多い地域では浄化作用により水がきれいになります。また沖縄近辺は黒潮海流が流れており、流れが速く貧栄養な海流であるためプランクトンが少なくすんだ海水になっています。そして珊瑚礁の体は石灰質でできているため、死んだあとはその体が砕け散って砂浜となるのです。こうしてきれいな海水と白い砂浜が出来上がり世界でも有数の海が沖縄で見ることが出来るのです。

南国の空にはえる異文化体験

沖縄といえば鮮やかな色彩の首里城や独特な風貌のシーサーなど、本土とは違った文化を堪能できる場所でもあります。こうした文化が花開いたのは日本が日清戦争で勝利し沖縄地域を日本国の領土と宣言するまで琉球王国として独立国家を形作っていた時期にはぐくまれたものだと考えられます。琉球王国であった時代には東南アジアや中国との貿易が盛んにおこなわれ、他国の文化に触れ影響を受けながら三線、泡盛などの独自の文化を発展させていったからです。また気候的にも本土とは違った亜熱帯地域であったことからも影響はあったのでしょう。日本国内でありながら青い空や海に生える沖縄の文化は色鮮やかで見る人をひきつける魅力を持っています。